「乙女の友」INDEX
 


タイトル

忍び、恋うつつ

 

総合評価

ハマリ度

オススメ度

 

☆☆☆

☆☆☆

☆☆☆

コメント


【あらすじ】
主人公(あなた)は忍者に憧れる女の子(デフォルトネーム:片桐かえで/氏名変更可)。
忍者の教育学校「真田高等修練院」に通えることになった初日、異性を一時的に虜にする「メロメロの術」が発動してしまいます。
緊張して心拍数が上昇すると術が発動してしまい、力をコントロールできない主人公(あなた)。
そこで提案されたのは相棒と鍛錬を積み、緊張やドキドキに対して耐性をつけることでした。

―次から次へとやって来るドキドキ体験にあなたはどこまで耐えられますか?

【システム】
最初に相棒になるキャラクターを選んでゲームスタート。
キャラクターとの単独シナリオが展開します。
エンディングは2種類、1プレイ3〜4時間程度です。

初回プレイで相棒となるキャラクターは3人(猿飛咲助・霧隠蔵人・由利鎌清)
1度ゲームをクリアすると2人(我来也・穴山大介)が攻略キャラクターに追加されます。
そして5人全員をクリアすると最後の1人(真田雪影)が登場します。

<メロメロ鍛錬モード>
本作の特徴ともいえるシステムです。
主人公は「メロメロの術」を発動させないため、精神鍛錬をしなければいけません。
「お題」を出して、キャラクターにときめく台詞を囁いてもらいましょう。
成功するとキャラクターの好感度が上昇し、恋の成就に一歩近付きます。

<リップシンク&背景アニメーション>
キャラクターがまばたきをする、台詞にあわせて口元が動くほかに
背景の雲が流れていく様子や水が流れるアニメーション演出もあります。

【感想】
本作の魅力は、登場キャラクター同士の仲の良さ、互いの実力を認めあっている姿が伺える会話。
攻略キャラクターが誰にも言ったことの無い秘密や葛藤を打ち明け、主人公と共に克服する姿。
そして主人公に隠されている秘密といった世界観設定にあると思います。
本作の特徴とも言える「メロメロ鍛錬モード」や、キャラクターがメロメロの術にかかるシーンといった
「キャラクターが甘い台詞を囁く」以上の面白さが、この作品に込められていました。

オリジナルのPSP版以外に、Vita版・PS4版へと移殖されました。
PSP版では6人のキャラクターシナリオのみですが、Vita版・PS4版にはハーレムルートの追加と新キャラクターの追加があります。
そして2020年8月27日には「忍び、恋うつつ for Nintendo Switch」が発売予定です。

<システム>
データインストール
早送りモード(既読・強制)
早送り・自動送り設定
テキストウィンドウ濃淡設定
愛キャッチON/OFF
ボイス停止設定ON/OFF
インストールデータON/OFF
音楽・動画・効果音・音声 音量設定
音声個別音量設定
音声切替ON/OFF(個別設定可)
リップシンクON/OFF
バックログ(巻き戻しあり)

クリア後のおまけ
画像鑑賞(シーン再生・想い出ボイス再生)
動画鑑賞
音楽鑑賞
用語集

2020/6/11

音声

名前変更

プレイ時間

攻略

フルボイス

3時間



「乙女の友」INDEX

乙女ゲームレビュー

BLゲームレビュー

一般ゲームレビュー